いつも心に平穏を

アラフォー主婦の徒然日記。

感情的になりすぎた運転手さんが居ました

f:id:chiko736:20181222191744j:plain

 

今日、所用があって、バスに乗ったのです。

次男と一緒に。

私たちは都内某所の用事の済んだ場所から、ある駅行きのバスに乗っていたのです。

 

まずそのバスは、途中の道路工事かなにかでかなり予定時時刻より遅れていました。

だけどもともとそんなに本数の多い路線ではなかったので、

すぐに来るという期待はしていませんでした。

そして運よく待ち時間少しで乗れた私たちはラッキーでした。

 

けれどそのバスの運転手さんとしては、かなりの遅れで少し苛立っていたののでしょうか、

途中、工事現場で工事の警備員さんに

「何時頃終わりますか~?」と外に聞こえるマイクを通して聞いていました(もちろん車内にも聞こえる)。

その時は、「へ~、工事の終わる時間を確認してるのね~」と思っただけでした。

 

そして終点の某駅前ロータリーの手前で「降りるぞ~」と思っていたら、

突然、

「ジャマだ!路駐~!!」

と大きな声が車内にも車外にも響き渡ったのです。

運転手さんの声です。

そして、

プーーーーーー!!!!!

とクラクションをしばらく鳴らし続け、

路駐していて邪魔になっていたらしい車を追い越すときにこれまた車外に聞こえるマイクで

「交番に通報するからね」

と捨て台詞。

 

どうやら、駅前ロータリー手前の片側一車線道路で停車していた車が居て、

その車のせいで対向車同士が譲り合わないと通れない状態だったようです。

ちょっとした渋滞発生、みたいな。

それで多分もともと工事で遅れていたバスの運転手さんのイライラが爆発してしまったという状況。

 

とってもびっくりしました。

クラクションって、そんなに鳴らすものでもないと思っていたし、

そもそも、客を乗せている状態でブチ切れる運転手さんって初めて見たし、

追い越しざまに「通報するからね」ってマイクを通して世間に聞こえるように言ってしまう運転手さんも初めて見たし、

なんだかものすごい光景を目の当たりにしました。

 

駅前だから通行人もロータリーのバス停でバス待ちしている人にもみーんなに聞こえているわけで。

 

そして無事バス停に到着して乗客みんな静かに降りたのです。

私も黙って降りたのですが、

次男が怖い思いをしてしまったかな?と思って次男に、

「運転手さん怒ってたね。怖かった?」

と降りてすぐに聞いたら、

「全然こわくない。逆におもしろかった」

と笑っていました。

 

私はけっこう人の感情に過敏なので、

自分に向けての怒りじゃなくても誰かが怒っている現場に遭遇してしまうと、

いや~な気持ちになったり、なんでそこまで怒る?と気になってしまうところがありますが、

次男はそこらへんは平気だったようで、安心しました。

すこし鈍感くらいが楽に生きられるから…。

 

その後、後ろを振り返ったらパトカーが居たんですよ。

「本当に通報したのかな!?」と次男は興味津々でしたが、

たまたまパトロール中のパトカーが居ただけかもしれないし、

路上に停車していた車はもういないし、

停車していた車の運転手は乗っていたので警察も何も言わないと思うし。

 

あのバスの運転手さんは、ただイライラを発散しただけですかね。

 

なんだかすごいなー。

あんなに感情的になったり思ったことをすぐ口に出せるって。

いやー、なんだかなー。

 

とりあえず次男には、

「お客さん乗せててあんなふうに怒っちゃだめだよね。真似しちゃだめだよ」

と言っておきました。

 

そんな次男は、

「あ~!あの、邪魔だ路駐~!が頭から離れない~!!」

と少し楽しそうに言っていて、

変な影響を受けなきゃいいが…と思ったのですが、

そいえばゲームやテレビ、YouTubeから既に変な影響は受けまくっていたんだった…

と、帰宅後ゲームに没頭する次男を見て納得。

そりゃ動揺しないわけだ。

 

 

この先もあの運転手さん、感情的になって事故を起こさなきゃいいけど。

 

いやー、世の中いろんな人がいるものですね。

 バスの運転手さんでこういうタイプは初めて見た。

 

 

以上、今日のびっくりした話でした!

 

 

 

 

 

 

  

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村