いつも心に平穏を

アラフォー主婦の徒然日記。

繰り返し湧きあがる感情~子育ては難しい~

子育て、もう無理…。

私には子育てなんて、とてもとても出来る事ではなかったんだ…(涙)

どうして過去の私は、自分には子供を持って育てる経験が必要なんだと思ってしまったんだろう。

 

こんな思いに駆られることが、一年のうちに何度かあります。

最近では(もっと小さい頃は別の理由)それは大抵自分が少し子供に目をかけることを怠って、自分のやりたいことに没頭している時に、

子供がゲーム時間のルールを守らずだらだらとやり続け、

テレビも楽しくだらだら見続け、

宿題もやったとか言いながら少しやり残していたり、

宿題は少ししかないからすぐ出来るといいつつ難しくてなかなか出来なかったり、

とにかく宿題を後回しにして、結局夜遅くまでだらだらと終らせられない状況に陥る日々が続く…。

 

私も毎日ガミガミ怒鳴ったりイライラするのが疲れるので、

(怒鳴ってもいいことないし、家族全員イライラしてすごく険悪な雰囲気になるのもしんどい)

なるべく冷静に、子供のやる気を信じて見守っているのですが、

時々堪忍袋の緒が切れて、爆発します。

 

長男はすぐ拗ねてシクシク泣くので、余計にイライラします。

次男は長男が怒られている時はとっさに空気を読んで良い子になるのですが、

自分が怒られるとギャーギャー騒ぎ、その声が耳に突き刺さるほどに不快なので、余計にイライラします。

どちらにしても、ものすごくイライラして、私も子供に対してお説教をするのもついつい大きな声になってしまします。

怒鳴ることもあります。

ものすごくエネルギーを使って、ヘトヘトになります。

 

もう嫌だ!!全部自分の頭で考えて自分で決めてやれ!!!

お母さんはもうあなたたちをどうやって育てたらいいかわからない!

もうあんたたちの世話なんかしない!!!

 

なんて言ってしまうこともあります。

本当にもう自立してほしいと思うのですが、

まだまだ小学生。

甘えさせてあげなきゃいけないことはわかっています。

感情的になることが子供にどれだけの悪影響があるのかと、怖くなります。

大体、夜遅くまで宿題が終わらない時にこんなことになるので、

もう、明日からゲームはちゃんと私が管理して制限しよう、

規則正しい生活を送れるように促すのは私の仕事なんだ、気合を入れなおそう、

と反省するのです、私が。

 

また、

どうしてこんなに過保護に甘やかして育ててしまったんだ!過去の自分!!

と悔やみます。

 

でも、優しい子に育ったのは、あまり縛りつけずに育てたからじゃないのか?

過去の自分がやってきたことが全て間違っているわけではない、

宿題やゲーム、生活習慣のしつけが間違っていたのだ。

結局、甘やかしか。

甘えさせる、と甘やかしをはき違えていることは多々。

軌道修正しないと、手遅れになってしまう!あぁ、どうしよう!!

 

なんて頭の中でグルグルグルグル。

そして眠れなくなって2時間睡眠、なんてことも最近ありました。

 

長男はもう10歳なので、いろいろと感じているし、記憶にも残るし、多感なお年頃だし、

なるべく感情的にならないように冷静に話をしてお互いに納得できればと願います。

 

塾にも通っていることもイライラと不安の原因になっています。

そのやりくりもまだ私もうまく掴めていないのですが、

塾嫌いにならないように、落ち着いて通えるよう、少しずつ調整しています。

 

時々、子供も落ち着いていて、宿題や生活面などほぼすべてがうまくいっている時があり、

私もその状況に安心して子供自身に任せて油断していると、

次第に歯車がかみ合わなくなっていきます。

 

そんなことの繰り返し。本当にもう何度も何度も何度も…。

これが子育てというものなのですね!!

知らなかったぁ~。

とても苦しい、うまく育てられる自信がない。

 

だけどだけど、

時々ものすごく腹の立つ我が子たち、

とってもかわいい(涙)

のです。

 

私にとっては、

良い子

なんです。

 

だから、私が爆発して怒鳴って酷いことを言ってしまったとき、

ものすごく後悔します。

こんなこと言いたいんじゃない!!!!と。

 

でも、ダメなときはダメ!!!と言わないといけない。

心を鬼にして泣かせることも必要!!!

と信じて、頑張ります。

 

もっと上手に子育てできたらいいのですが、難しいです。

 

子供とともに成長させられています。

こんな母親のところに生まれてきて大変だろうに…。

生まれてきてくれてありがとう。

 

全てのことに感謝。

 

息子たちは今日もご機嫌です。

 

 

 

 

 読者になっていただけると嬉しいです!

 

 こちらも応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村