いつも心に平穏を

アラフォー主婦の徒然日記。

我が家の次男とは

現在次男は8歳。

元気いっぱいで素直ないい子です。

一見、フツーの小学生なのですが、私はこの次男に悩まされ悩まされ…。

 

 

まず、生まれたとき。

産声って、フツーのイメージだと

おぎゃーおぎゃー

ですよね。

 

ちなみに我が家の長男は、産まれてすぐに産声をあげませんでした。

なので取り上げてくれた医師が、長男のお尻をパンパン!と叩いてやっと、

 

…ほえ~…ほえ~…

 

と控えめに泣いたのです。

長男は3500グラム声の大きな赤ちゃんだったのですが、性格はおっとりしているので産まれたときももしかしたら寝ていたのかもしれません。

 

で、次男です。

 

次男は、産まれた瞬間に、

 

ギャーーーーーーーー!!!!!!

 

みたいな、

 

あ``ーーーーーーーー!!!!!!

 

みたいな、

 

ビーーーーーーーー!!!!!!

 

みたいな、

とにかく防犯ブザーのような声で泣いたのです。いや、泣き続けたのです。

 

立ち会った助産師さんは

「この子はどうしたの?」と、あきれた感じでつぶやいていました。

私はそれでも、どんな子が生まれたかな?と楽しみでちらっと見えた次男が、

明らかに長男のときよりも小さかったので、

「ちいさいっ!?」と言うと

すかさず助産師さんが

「ちいさくない!」とピシャっと言って次男のケアに向かったのでした。

 

ヒステリーな産声だったなと感じつつも、産まれたての小さな小さな(2800グラムくらいなので言うほど小さくはない、けど長男と比べたらものすごくガリガリに見えた!)次男を愛おしく思って、私は幸福感に包まれていました。

 

 

この数年後、地獄のような日々に飲み込まれるとこもまだ知らずに…。

 

 

 

 

 こちらも応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村